定期検診が大切|糖尿病を回避するための方法を知っておこう

予防する

専門の外来がある

聴診器

糖尿病は生活習慣病のひとつとして小岩市では多くの人に知られています。これは日々の暮らしにおける偏った食事や運動不足など生活習慣の乱れが病気の引き金となる場合が多いようです。糖尿病の初期はほとんど自覚症状がないと言われています。しかし、進行してしまうと異様なほどののどの渇きや多尿などの症状がみられるようになります。そしてそれがさらに進んでしまうと、神経障害や網膜症などの合併症を引き起こす可能性も出てくるそうです。合併症を引き起こしてしまえば、それだけ治療は難しく、また時間もかかってしまいます。合併症を起こすまで病気が進行してしまったともいうことができます。そのため、どんな病気でも同じですが、糖尿病も予防が必須だということができるでしょう。糖尿病を予防するには急激に血糖値を上げてしまうような食習慣を改めることが大切です。規則正しい時間に3食摂り、早食いなどは控えることが必要です。また、脂っこいものも控えなくてはなりません。糖尿病は血糖値の値などからその予備軍と呼ばれる人も多いようです。合併症などを起こすほどひどくしないためにも、日頃のケアが必須です。そのためには、小岩にある専門の病院に通院して食事などの指導を受けることも必要になります。健康診断で糖尿病と診断された場合や、小岩へ引越しをして、行きやすい場所にかかりつけ医を探している場合などに利用してみるのも良いかもしれません。小岩にある病院では糖尿病の専門医によって、ひとりひとりに合った治療などを提案してくれています。

食事には気をつけよう

カウンセリング

生活習慣病のひとつである糖尿病は、家庭での日常生活が改善のポイントになります。小岩で家族が糖尿病と診断されたとき、どんなサポートをすれば良いのでしょうか。まず大切なのは食事に気を配ることで、糖尿病の治療の中でも食事療法は最も重要な部分を占めていると言えます。小岩では糖尿病食の宅配サービスも利用できますが、もちろん家族がカロリー計算をして、適切な食事を提供することもできます。患者と同じ食事をすることには、二つの重要な意味があります。第一に、家族の健康にも役立つということです。家族も糖尿病になりやすい遺伝子を持っている可能性があるため、健康食は予防の効果を果たします。第二に、患者のモチベーションアップに繋がるということです。ひとりだけ別メニューになっていると、患者は食生活に不満を持ち、病気と闘う気力が衰えるかもしれません。小岩のクリニックでは、糖尿病の患者にインスリン注射や内服薬が処方されることがあります。インスリンは血糖値を下げるホルモンですが、血糖値が下がりすぎると眠気・無気力・意識障害などの副作用を起こす場合があります。このような状態になったとき、家族が適切に支えてあげることが大切です。病は気からと言いますが、糖尿病を克服するには精神力も必要になります。家族が病気のことを十分に理解し、一緒に治療するという姿勢が、患者にとって何よりのサポートになるでしょう。小岩の専門医は、家族からの相談も受け付けています。

食事療法で予防

ドクター

糖尿病の原因はすい臓から分泌されるインスリンの量が少なかったり、インスリンの効果が薄れていることで、血糖値を下げられない状態をいいます。そもそもインスリンの分泌が良くない理由はすい臓の重度な疲労によります。すい臓は糖質を取りすぎたり、運動不足だったりすると疲労してしまいます。そのため知らず知らずのうちに糖尿病になっている人も少なくありません。小岩の病院では糖尿病になってしまった場合、改善方法の指導を受けることができます。その方法としてまず第一に挙げることは、食生活を変えることです。小岩の病院では、食事で糖尿病を改善させることを食事療法と呼び、患者さんにはできるだけ甘いものを控えたり、炭水化物の量を減らすように指導を受けます。例えば毎日食べる白米も炭水化物になりますが、その量を減らして、代わりにお魚などのたんぱく質を多く食べるように指示されます。炭水化物は消化液で糖質に変化してしまうと、すい臓に負担がかかってしまうので、その負担を減らすために糖質を制限するのです。また食事をするときには炭水化物から先に食べてしまうと血糖値が上がりやすいと言われています。そのため炭水化物よりも野菜などの食物繊維を一番始めに食べるよう習慣づけると、血糖値も急激には上がらずに済みます。小岩の病院ではカロリー計算をして食事療法を進める場合もありますが、それは重度の患者さんに限ります。そのため小岩病院では、重度の糖尿病になる前にできる限りの改善策を指導してもらえるのです。