定期検診が大切|糖尿病を回避するための方法を知っておこう

糖尿を予防するためには

予防できる環境に身を置く

病院

一度なってしまうと、なかなか元の体の状態に戻りにくいのが糖尿病です。ですから糖尿病になるような体質になるのを防がないといけません。そしてまずは糖尿病とは体がどういった状態の事かという事を理解した方が良いです。糖尿病の予防治療をしてくれる病院を小岩で探す場合もしっかりと糖尿病を治すという行為を理解してくれる医者選ばないといけません。小岩のどの病院に行く場合にも、まずは自分の体の状態を把握することが大切です。糖尿病とは糖の過剰摂取などで、体が糖の代謝をうまくできなくなっている状態です。ですから予防するには糖の代謝システムに負担をかける食事を減らす事が大切です。それには、食べるとすぐにブドウ糖となり吸収されるような食べ物をできるだけ控えるという事が大切です。砂糖や精製された穀物を使用した食べ物は急激に血糖値を上げてしまうので、そういった食べ物を控えるだけで、血糖値の急上昇とその後に来る急降下という体への負担を減らす事ができます。お酒を飲む際にも、醸造酒(日本酒、ワイン)よりも蒸留酒(焼酎、リキュール)などを選んだ方が血糖値は上がりにくいです。それに加えて、ウォーキングや有酸素運動などの軽い運動ができると糖の代謝を向上する事ができるので、糖尿病を予防し改善する事ができるでしょう。こういった基本的な健康指導ができる病院は小岩にもありますので、積極的に指導を受けましょう。ですから、低糖質に気を使った食事や食品を提供しているお店を小岩でも探したり、週一回は体を動かさないといけない習い事やボランティアなどという事が大切。自動的に予防、改善する状況に自分をおいてしまう事のがストレスなくできるという点が良いところです。

妊娠初期は要注意

医者

糖尿病の患者でも妊娠や出産ができないわけではありませんが、血糖値を管理することが非常に重要です。血糖値のチェックは、小岩の内科や婦人科クリニックでも簡単に受けることができます。また普段の血糖値が正常でも、妊娠中には高くなる場合があります。こうした症状は妊娠糖尿病と呼ばれ、健康な女性でも安心はできません。糖尿病の患者が妊娠した場合、網膜症や腎症などの合併症を起こしやすくなります。またいわゆる妊娠中毒症や膀胱炎など、さまざまな症状が出ることもあります。母体だけでなく新生児にも悪影響が及び、流産や死産をするケースが見られます。奇形や低体重児・巨大児といったトラブルが起きる可能性もあります。小岩には糖尿病に詳しい医療機関があるので、何かあったら早めに相談することが大切です。たとえ糖尿病でも、血糖値さえしっかり管理していれば、リスクを抑えることができます。母子ともに健康で正常に出産するケースは、小岩でも少なくありません。血糖値を下げる方法は普通の人と変わりませんが、厳格にコントロールする必要があります。身近な小岩の専門クリニックで、細かく指導を受けると良いでしょう。奇形児ができるかどうかは、妊娠初期の血糖値に大きな影響を受けるため、特に注意しなければなりません。妊娠したかどうか分からないうちから、血糖値を管理することが求められます。さらに理想を言うなら、妊活中から血糖値に気を配るのが望ましいでしょう。

気になる副作用

考える人

小岩で糖尿病の治療を行う場合、大きくわけて3種類の内服薬が使用されるのが一般的です。1つは、糖質分解吸収遅延薬とよばれる薬で、これは食事により摂取された糖分が消化器官で吸収されるスピードを遅くしてくれる機能があります。糖分がゆっくりと吸収されるようになるため、当然のことながら血糖値の上昇スピードも遅くなります。糖尿病患者には、食事をしたあとに急激に血糖値が上昇する現象、いわゆる血糖値スパイクがたびたび見られますが、糖質分解吸収遅延薬を服用することで、血糖値スパイクのリスクを大幅に減少させることができるのがメリットです。糖質分解吸収遅延薬は、小岩にある糖尿病専門の病院でも、頻繁に使用されている内服薬の1つであり、糖尿病患者にとってはお馴染みの薬です。その一方で、糖質分解吸収遅延薬には副作用も報告されているため、副作用と思われる症状が発生した場合は、速やかに医師に報告が必要です。小岩の病院では、糖質分解吸収遅延薬を処方する患者に対して、副作用の説明を丁寧に行っているため、重大な事態になる危険性は低いと言えるでしょう。さて、糖質分解吸収遅延薬の主な副作用として最も注意すべきなのが、低血糖です。血糖値を下げる薬が効きすぎてしまい、血糖値が下がり過ぎてしまうのが低血糖になります。具体的には、めまいや吐き気、動悸などの症状となって現れます。糖質分解吸収遅延薬の服用後に、気分が悪くなったり、前述の症状を感じた場合には、すぐに糖尿病治療を受けている小岩の病院に電話して、病院からの指示を仰ぐようにしましょう。