定期検診が大切|糖尿病を回避するための方法を知っておこう

血糖値が気になる

症状が出る前に受診を

ナース

糖尿病は初期の段階では自覚症状がほとんどありませんが、進行すると重篤な合併症を引き起こすことから、サイレントキラーとも呼ばれています。小岩にも糖尿病の専門的な診断ができるクリニックがあるので、気になることがあったら早めに受診するのが望ましいと言えます。自己チェックするときには、以下のようなポイントを参考にしてください。まず糖尿病は肥満と相関関係があるため、油物や味の濃いものを好んで食べる方は要注意です。いつも腹一杯に食事をして、ほとんど運動をしないという方も、気をつけたほうがよいでしょう。これに加えて過度の飲酒や喫煙、溜まったストレスがリスクを高めます。しかし小岩のクリニックでは、痩せていても糖尿病と診断される方がいます。生まれつきインスリンの分泌が少なかったり、働きが悪かったりすると、食事とは関係なく血糖値が下がりにくくなります。家族や親戚に糖尿病の方がいるなら、遺伝的な影響を受けてリスクが高くなります。すぐに喉が渇いて水を飲みたくなるとか、排尿の回数が多いというのは、糖尿病の兆候のひとつです。また定期検診で判定できる血糖値は、かなりはっきりした目安になります。小岩のクリニックでも血液検査を受け付けているので、会社などで定期検診を受けられない方は受診をお勧めします。糖尿病は早期発見すれば、生活習慣の見直しだけでも改善することができます。自覚症状が出る前に、小岩の専門医に相談することが大切です。

怖い合併症の原因になる

聴診器

健康診断で血糖値が高めだと指摘された人は、神経障害や腎臓病、脳梗塞、狭心症などの怖ろしい合併症を予防するために、適切な治療を受ける必要があります。小岩の専門クリニックでは、血液検査や尿検査などを行い、結果によって一人一人の体の状態に応じた治療法を提案してくれます。初期段階の場合は内服薬を続けることが大事ですが、血糖値が高い人は、インスリン注射による治療を受けることもできます。糖尿病は、喉が渇いたり、尿量が増えたり、体重が減少するなどの自覚症状が見られる病気です。糖尿病は慢性の疾患なので、完治をするのが難しく、長期間の治療が必要になります。小岩の専門クリニックでは、内服薬の効果を高めるために、食生活や生活習慣を改善するための指導も行っています。糖尿病は大変怖ろしい生活習慣病のひとつですが、正しい治療を続けることで、血糖値を安定させることが可能です。小岩の専門クリニックでは、お子様から高齢者まで、幅広い年代の人が通院をしています。30代以降の年代に入ると、運動不足や過食、飲酒、喫煙などの悪い習慣が原因で、糖尿病に罹る人が増えてきます。糖尿病は初期段階では、自覚症状がほとんどないため、放置をしている人が多いですが、早めに小岩の専門クリニックを受診して下さい。糖尿病は必ずしも、入院が必要ではなく、通院による治療が可能になっています。大抵の小岩の専門クリニックでは、午後も診療が行われているので、忙しい人も通院がしやすくなっています。

心配なら躊躇せず受診する

相談

東京小岩には糖尿病診療を行っている病院がいくつもあるので、小岩付近にお住まいで糖尿病が心配な方は診察を受けてみましょう。糖尿病は遺伝的要因も指摘されており、生活習慣の乱れなどが主な原因で発症する2型糖尿病は特に遺伝要素が強いと言われています。そのため、親族に糖尿病患者がいる場合はその家族も糖尿病になりやすい傾向があります。家族内に糖尿病に罹っている人がいるならば、自身の罹患の可能性も視野に入れておかなければなりません。特に症状がみられない場合でも、肥満や運動不足などが目立つ方は要注意です。もしこれらにあてはまるのであれば、一度病院で検査を受けてみる必要があります。小岩の各医療機関でも糖尿病の検査が行われており、しっかりと血糖値の状況を知ることができます。万一糖尿病が認められる場合でも、運動療法や食事療法のほか、インスリン投与など症状に合わせて治療を受けられます。小岩には確実な医療態勢で対応しているところがたくさんあるので、心配な方は躊躇せずに病院を頼りましょう。糖尿病は自覚症状がないままゆっくりと進行していく病気で、症状が出るころにはかなり進行しています。重大な合併症を発症する恐れもあるため、遺伝的にも体質的にも発症する可能性が高いと考えられる場合は、定期的な検査を受けていくことが大切です。加えて食生活の改善や肥満の解消など自己管理も重要になるので、医師のアドバイスを受けながら適切に対処していきましょう。